自宅静養中に家でできる仕事を始めました。

自分には無縁だと思っていましたが国に指定されている難病に罹ってしまい入院して治療しました。幸い通院は一生必要になりますがこの病気が原因で亡くなることはないようです。入院期間は一ヶ月程度でした。病気が原因で会社を退職したので退院してからはゆっくりと職探しをしていました。しかし持病があると仕事も制限されなかなか見つけることができません。

その間も少しでも収入が欲しかったので家でできる仕事を始めてみました。私は今まで営業や販売といった業種しか経験がなく何ができるか不安に思っていましたが未経験者でも簡単にできる仕事も数多くあったので安心しました。家でできる仕事をやりながら就職活動を行ったものの、気に入った会社が見つかっても面接で持病のことを話すと不採用になるということが続きました。医師に就職の面接で持病があることを告げるべきか相談しましたが、定期的な通院が必要で時には入院しての治療が必要になることがあるのできちんと話しておいたほうが良いとアドバイスされました。

景気回復で失業率も改善されていますがまだまだ厳しい現状だと思い知らされました。社員で探していましたがいっそのこと家でできる仕事をメインにして週に何回かアルバイトをしようと思いました。そしてその空いた時間を利用して根気強く職を探すことにしました。現在は贅沢しなければ給料だけで生活することができています。安定性を考えると少し将来は不安になりますがそれは社員で働いていてもいつリストラされるか分からないので同じことだと前向きに考えています。

アルバイトの給料は毎月同じですが家でできる仕事で稼ぐ金額が増えてきて毎月少しずつ貯金することができるようになりました。一昔前でしたらこのような稼ぎ方ができなかったので時代の進化に感謝しないといけませんね。将来的には社員で働くつもりでいますが、就職してからも副業としてお小遣い稼ぎはしようと思っています。やはり持病があると急な出費が必要になることが他の人より多くなるので少しでもお金を稼いでおきたいです。

大人気話題の副業を厳選ピックアップ♪

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ