自分で撮影した写真を素材として販売できます

写真撮影をして、素材サイトにアップロードすることによって稼ぐ方法を試してみましょう。デジタルカメラやスマホを持っているなら、すぐに自宅で出来る仕事になります。自分で撮影した写真が、素材サイトにストックされ、ひとつ売れるごとに利益となり稼ぐことができます。

写真素材を販売して稼ぐサイトの例としては、PIXTAがあります。写真素材サイトを利用して、自宅で出来る仕事で稼ぐための手順をお伝えします。

まず自宅で出来る仕事をする前に、事前準備です。写真素材サイトに、クリエイターとしての会員登録を行います。登録の時には免許証や保険証の写しなど身分証明書が必要になってきます。

PIXTAの場合には、著作権や肖像権や写真販売に必要な知識を必要としており、自宅で出来る仕事をするための簡単な入門テストを受ける必要があります。自宅で出来る仕事の前に、テストの合格を経てから、写真販売で稼ぐことができるようになります。PIXTAでは描いたイラストの販売で稼ぐこともできるので、写真とイラスト両方で収益を目指すこともできます。

撮影した写真をアップロードして、写真素材サイトに提出します。撮影する写真は、著作権や肖像権を侵害せず、素材として使えそうなものなら何でも大丈夫です。できるだけ綺麗に撮影する必要があり、逆光や暗い場所での撮影など、写真写りが悪くなるようなケースは避けるよう心がけるのが、自宅で出来る仕事で稼ぐ秘訣になります。

自宅で出来る仕事といっても、ちゃんとサイトで審査を受けることになります。審査を通ったものだけが販売できます。
審査が通って写真素材が売れるごとに、お金を得られるになります。多く稼ぐにはオリジナリティのある良質な写真を撮影するということです、そして稼ぐには、写真の数をできるだけ確保しておくことも必要になってきます。新しい写真をどんどん増やすことも、自宅で出来る仕事を続ける秘訣です。

写真素材販売サイトは幾つも存在していますので、複数のサイトに登録することでも自宅で出来る仕事として稼ぐことができます。自宅で出来る仕事としては、難易度が高くありませんので、稼ぐためにチャレンジしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ