主婦にとっての家でできる仕事とは

私は主婦です。夫が正社員として外で働いているので、私は家にいてパート程度のお金を在宅ワークで稼ぎつつ家事をしています。でもどちらかというと専業主婦に近い形で生活しているんじゃないかと感じています。やっぱり家の中にいる時間が長いと、それだけ家の中の色々なことが気になってしまうんですよね。在宅ワークの仕事は在宅ワークの仕事でノルマを決めて稼いでいるんですが、むしろ家事の方を家でできる仕事だと考えて頑張っているつもりです。

本当の専業主婦なら文字通り家事は家でできる仕事ですよね。それをすることで夫を支えるわけですから。でも私にとっては、家事も家でできる仕事の一種だと思わないとどうしてもやる気がでないんです。なぜだろうかと考えてみて、結局はあまり家事が好きではないということが一番の理由なんだろうなという結論が出ました。特に私は掃除が嫌いです。ただ綺麗な部屋は好きなんです。なので、週に1度は大掃除と言えるレベルのお掃除をしています。でも掃除は本当にしたくないんです。やらないといけないけど面倒で仕方がないんですよね。

なので、一週間のルーティンワークの中に組み込んで、仕事のつもりでやっています。逆に言うと料理は好きなので、仕事だと思わずに楽しくやっています。むしろ在宅ワークに集中できないときほど一人で食べる昼ごはんすら気合を入れて作ってストレスを発散しているようなところすらあります。こんな風に家事を仕事とすることで自分にどういう影響があるかというと、嫌いな家事も私が「やらないといけないこと」だと思えるようになるということだと思います。「やらないといけないこと」で「責任がある」ことだからなんとかやる気が出せているんでしょうね。料理もきちんとやってはいますが、気が乗らないときに手を抜いても特に罪悪感は感じないので、やっぱり私にとって嫌いな家事こそ仕事だと思ってやらないといけないということなんだろうなと思っています。

大人気話題の副業を厳選ピックアップ♪

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ