「主婦向け副業」の記事一覧

モーニングコールで稼げる!副業をやる上で重要な事とは!!

モーニングコールで稼げる!副業をやる上で重要な事とは!!

1.モーニングコールが副業になるという衝撃

モーニングコールと言えば、一般的な感覚としては旅行や出張先のホテルでフロントから朝起こしてもらうため朝早くにかけてもらう電話と言うイメージを持っている人がほどんどでしょう。

自宅でも仕事があるのに朝キチンと起きることができないとか、遅刻することが絶対にできない仕事がある人にとってはホテルでのモーニングコールのようなサービスがあれば心強いと思うことがあるのではないでしょうか。

そのような人のためにモーニングコールを自宅で受けられるサービスがあり、そのサービスを副業として稼いでいる人が実際にはいるのです。
モーニングコールが副業になることにはびっくりすることもあるでしょうが、複数のモーニングコールサービス会社があることでも事業として成り立っていることがわかります。

以前にはほとんど知られることはなかったのです。
しかし、テレビの人気番組でモーニングコールサービスのことが取り上げられてから、人に知られるようになり副業としても人気が出てきたといういきさつがあります。

2.モーニングコールで副業をするには

このようなモーニングコールでの副業を希望する人はまずはモーニングコールサービスを提供している会社に登録する必要があります。
サービス会社に登録すれば、モーニングコールで使用するスマホや携帯電話は会社側から提供され、もちろん仕事でモーニングコールをすれば、その通話料はサービス会社の負担となります。

モーニングコールサービスを提供する副業でありますから、一日中仕事があるというわけではなく、朝の5時前後から9時前後までが副業をする時間になります。
サービス会社によって違いはありますが、希望によって仕事時間を選ぶこともできるようです。

もちろん自宅ですることができますので、主婦や出勤前の勤め人でも副業とすることもできます。
それに、モーニングコールサービスと言うことから副業として仕事ができるのは女性ばかりと思われがちですが、朝に弱い女性もそれなりの割合でいます。

なので、男性が副業としてする場合であってもある程度の需要はあります。

3.モーニングコールでの副業の鉄則

モーニングコールを副業にするのですから、朝に強い人でないと務まりません。
それにモーニングコールサービスを依頼する人は、重要な仕事があっり、遅刻が絶対できない人が利用することが多いと考えられます。

ですから、でがるにできそうな副業とは言ってもしっかりした責任感を持っていないと務まらない副業であることも確かです。たかが副業のモーニングコールと考えないことです。

4.モーニングコールでどのくらい稼げるのか

では、モーニングコールでの副業でどのくらいの稼ぎになるかと言うことです。
モーニングコールサービスを提供している会社では時給制をとっている場合と、一回ごとの報酬を設定してい場合があります。

時給制をとっている場合には、モーニングコールサービスを提供している会社の平均的な時給額を考えてみると1000円前後と考えられます。
平日に2時間程度の副業をすると仮定すれば月額にして4万円から5万円程度の稼ぎになります。

また一回ごとの報酬を設定している会社の場合は一回の報酬が100円程度が多いようです。
朝の時間にどのくらいのモーニングコールをできるかによって稼げる額は変化することはあります。

ですが、やはり時間給は1000円前後と考えられますし、月額にすればやはり4万円から5万円となります。
限られた時間でしか需要がないモーニングコールでの副業ではありますが、自宅からスマホや携帯電話でできる副業であると考えるとそれほど悪い報酬ではないと考えられます。

主婦などを対象としたクラウドワークスとは!活用法5選!!

1.クラウドワークスの活用の勧め

クラウドワークスは話題になっているクラウドソーシングのサイトの1つで、不特定多数のランサーに仕事を案内しています。
クラウドソーシングのサービスの元祖であるランサーズと使い方が殆ど同じで、プロジェクトやタスクの方式でネット上で仕事を請け負う事が特徴です。

基本的にメンテナンスなどで使えない時間を除いて空いた時間にサイトを利用できます。
仕事の依頼の流れは、提案をしてから条件に合った人に依頼するので、ランサーズで仕事が見つからない時にクラウドワークスで探す事をお勧めします。

サイトでは紹介する仕事の量に変動があるので、紹介するタスクなどの業務が少ないと自分の合う仕事が少なくなるので、ランサーズと併用しながら仕事を見つけます。
プロジェクトなどで仕事を依頼してもらう為には、仕事の経歴などを踏まえて、信頼性のある提案を行う事が大切です。

2.タスクの仕事で稼ぐ

クラウドワークスでも、サイト上でライティングなどの作業を手掛けられます。
ランサーズではタスクが承認されて、クライアントの側から支払いが決定した場合に2割程度の手数料が掛かります。

クラウドワークスでは最近はタスクの仕事を手掛けて、承認された直後に全く手数料が取られないです。
表示されている単価がそのまま支払われるので、ある程度低いと思われる案件でも気軽に稼ぐ事が可能です。

クラウドワークスで紹介されているタスクは、ランサーズに負けないぐらいの単価を設定している場合が多いです。
誰でも取り組める日記などの案件の単価は低めですが、納品した時の審査の基準が緩いので、主婦が稼ぐ為には案件を多くこなす事が大切です。

紹介されているタスクの仕事の中には、時給に換算すると800円を超える案件もあります。
高い単価は専門性を求められる事が多くて、事前にクライアントとやりとりをしたり、別のサイトでライティングを行う場合もあります。

最初は時間と記事を書く能力を考慮して、低価でもストレスが掛からない案件をこなしていく事をお勧めします。

3.簡単な案件から信頼を形成する

クラウドワークスを使いながら月収を多く得たい場合、プロジェクト方式などで実績を上げていく事が大切です。
基本的に構築などの専門的な業務は、作業を行う際の知識と技量を要します。知識や技量が豊富で、最後までやり遂げられる案件に挑戦します。

主婦の場合はデザインなどのネット副業が人気で、紹介している案件に関連した資格や業務経験があれば積極的にプロジェクトに参加する事をお勧めします。
資格などを持たない場合、誰でも参加できるライティングなどの業務を中心に行うと良いです。

プロジェクトの方式で紹介しているライティングの案件は、クライアントの仕事の内容に沿いながら調査を行うだけで仕事が完結しやすいです。
単価は低かったとしても、誰でも出来る案件を請け負いながらクラウドソーシングの流れを掴むと良いです。

4.未経験の分野にも挑戦する

クライアントから依頼された仕事を何度も行って、慣れてきたら品質を上げる事に集中します。
品質を考えながら業務を手掛けると納品をした時に高品質である事を評価されるので、長期的に見れば単価を大幅に上げる事が可能です。

プロジェクトで応募する時も要領を掴んでいる状態なので、高単価の業務を請け負う可能性が高くなります。
主婦が高収入を得る為には、ライティングなどの同じ仕事を繰り返すばかりではなくて、デザインなどの異なる分野に挑戦する事をお勧めします。

デザインなどの未経験の分野に取り組む時には、仕事が出来るという前提で依頼してくるクライアントが多いです。
仕事を請け負う前にデザインなどの知識を学んだり、人から教えてもらいながら予め技量を磨いておく事も大切です。

作業を楽しみながら継続していくように

何年も同じ仕事をしていると、その仕事で将来的にどれくらいの収入が得られるのかある程度想定出来るようになります。毎年のように昇級があると考えて、何年後にどれくらい収入があるのか計算していくようになると、それが自分の求めてる金額でない場合があります。

もっと多くの報酬を得ようと考えた場合、新しいことを始めることが大事なのです。ここで人気なっているのが女性向け副業です。女性の場合には、働く時間が制限されたり、幅広いジャンルの仕事は出来なかったりする可能性があるため、パートタイマーなどで仕事をする場合もある程度限定されてしまいます。この場合、それがマイナスだと考えることなく自分で出来る範囲のベストな仕事をしていくことが大事です。そこで考えられたのが女性向け副業です。自宅内において作業をして多くの報酬を得るという考え方になるのですが、これを長期的に実践していけばまとまった収入になるのです。これをずっと永続することによって、将来的な収入の金額を自分でコントロールすることができるかもしれないのです。

このように、女性向け副業が受け入れられるようになってくると、仕事のスタイルも変わってくるのです。特定の時間だけ仕事に従事して、空いている時間は全て女性向け副業に費やすと言った考え方が有効となってきます。その考え方で毎日時間のやりくりをしていくことによって、より多くの収入が期待出来るのです。このように、長期的に見て自分の報酬を大きく高めていく事が大事であり、その為には自分の生活スタイルを見直し、仕事に対する意欲を高めていく変化が必要になってきます。

モチベーションが高く維持出来るようになると、仕事の疲労度をあまり感じなくなるのです。つまり、フライデーとの時間においても更に仕事を継続することが可能になり、これが明日の希望につながるため、ストレスをほとんど感じずに楽しみながら女性向け副業を永続出来る可能性があるのです。

主婦にとっての家でできる仕事とは

私は主婦です。夫が正社員として外で働いているので、私は家にいてパート程度のお金を在宅ワークで稼ぎつつ家事をしています。でもどちらかというと専業主婦に近い形で生活しているんじゃないかと感じています。やっぱり家の中にいる時間が長いと、それだけ家の中の色々なことが気になってしまうんですよね。在宅ワークの仕事は在宅ワークの仕事でノルマを決めて稼いでいるんですが、むしろ家事の方を家でできる仕事だと考えて頑張っているつもりです。

本当の専業主婦なら文字通り家事は家でできる仕事ですよね。それをすることで夫を支えるわけですから。でも私にとっては、家事も家でできる仕事の一種だと思わないとどうしてもやる気がでないんです。なぜだろうかと考えてみて、結局はあまり家事が好きではないということが一番の理由なんだろうなという結論が出ました。特に私は掃除が嫌いです。ただ綺麗な部屋は好きなんです。なので、週に1度は大掃除と言えるレベルのお掃除をしています。でも掃除は本当にしたくないんです。やらないといけないけど面倒で仕方がないんですよね。

なので、一週間のルーティンワークの中に組み込んで、仕事のつもりでやっています。逆に言うと料理は好きなので、仕事だと思わずに楽しくやっています。むしろ在宅ワークに集中できないときほど一人で食べる昼ごはんすら気合を入れて作ってストレスを発散しているようなところすらあります。こんな風に家事を仕事とすることで自分にどういう影響があるかというと、嫌いな家事も私が「やらないといけないこと」だと思えるようになるということだと思います。「やらないといけないこと」で「責任がある」ことだからなんとかやる気が出せているんでしょうね。料理もきちんとやってはいますが、気が乗らないときに手を抜いても特に罪悪感は感じないので、やっぱり私にとって嫌いな家事こそ仕事だと思ってやらないといけないということなんだろうなと思っています。

小さい子供が居ても安心して家でできる仕事

子供が生まれる前までは、バリバリ外で働いてキャリアウーマンをしていましたが、子供が生まれてからは専業主婦になりました。
責任もなくのんびり家に居ることが出来るのですが、ずっと働いてきたせいか何となく手持ち無沙汰な気がしていました。

子供が歩き出したら目が離せなくなりますが、新生児のうちはミルクを飲んだらほとんど寝ているだけなので、こちらも未だ自由が利きます。
そこで家でできる仕事は何かないか、あれこれ調べてみました。

一昔前だと、家でできる仕事と言ったら内職がありました。ちまちました作業は好きなので、そういう方向で探してみてもいいかなと思ったのですが、単価を調べてビックリしました。
相当安い単価でしたので、暇つぶしくらいの感覚で捉えていたら良いけど、これで生活費の足しにすることは難しいなと思い少し考えることにしました。

次に目をつけたのが、家にいながらして出来る添削先生の仕事です。大手の進学塾に登録して、毎月決まった数の答案用紙を受け取り、一枚一枚チェックチェックしながら添削をしていくという訳です。
子供たちの教育に関われる仕事ですし、自分の精神衛生上にも凄く感じがしたので、かなり興味がわきました。

実際に中のよい友達がこの仕事をしているのですが、毎月の納期はもちろん決まっていますが、自分の時間がある時にまとめて添削の仕事が出来るので、例えば子供が寝た後やちょっとした空き時間に出来るのでとても良いよとのことでした。

その他にも、パソコンを使って口コミを書く仕事や、ライターのような仕事もあることが分かりました。元々文章を書くことがとても好きなので、その仕事も少し興味がわきました。
文章を書きながら色々なことを調べたり、どうやったら他の人に読んでもらえる、また人を惹きつける文章が書けるかも学べるので、この仕事もまた魅力的だなと思いました。

こうやって探していくと、家でできる仕事は以外に多いことが気付きました。
必ずしもどこかの会社に所属しなければいけないということはないので、自分にあった家でできる仕事を探して、賢く家計を助けていきたいと思いました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ