「2015年11月」の記事一覧(2 / 3ページ)

人間関係が苦手な人に向いてる家でできる仕事

私は人間関係を構築するのが得意ではありません。むしろ大の苦手であると言ったほうがいいかもしれません。高校生の頃はそのせいで不登校気味だったし、大学では授業に出るばかりでサークル活動とか全然しませんでしたし、友達もできませんでした。卒業後は就職して会社勤めをしたこともありましたが、人間関係が苦しくて4年間で会社をやめてしまいました。その後は実家に帰って半分ひきこもりみたいな生活を送っていたのですが、会社員の頃に貯めた貯金も尽きてきて、いよいよそろそろ働きに行かねばならないとなって、私はとても憂鬱になってしまいました。また人間関係で苦しむのかーと悩んでしまったのです。

そんなときに出会ったのがクラウドソーシングというお仕事です。クラウドソーシングとはネットサイトを通じてお仕事を受けることのできるビジネスシステムのことを言います。このシステムの利点は、仕事の引受けから納品まで全てネット上でやり取りされるということであって、つまり外に出て人と会う必要がありません。クラウドソーシングは家でできる仕事なのです。これは人間関係を円滑に保てない私にはとても助かる仕事でした。パソコンとインターネット回線さえあれば家でできる仕事だなんて、さすがネットの時代です。こんな仕事があることをもっと早く知っていれば、無駄に引きこもっていなくても良かったのになーと思わずにいられません。

クラウドソーシングは家でできる仕事ですが、その分、報酬の方は低めです。私の場合は大体日給3~5千円といったところです。つまり、一ヶ月10万円をちょっと超えるくらいのお金しか稼げません。これでは将来のことを考えると不安で仕方ないなのですが、かといって今は普通の会社員をするつもりにもなれなくて、今はこの状況に甘んじているところです。いつかは年収600万円くらいは貰えるお仕事に戻りたいと思っていますが、それまではこの家でできる仕事で頑張りたいと思っています。

家でできる仕事のメリットについて

家でできる仕事が増えており、初心者から経験者、特殊技能の持ち主等様々な方が家で行える仕事に就いています。誰でも出来るような初心者歓迎の家でできる仕事には、内職系の単純作業や小遣サイトを活用して稼いだり、簡単な宣伝文章を書いたりブログを作ったりと、特殊な知識も無く簡単にスタート出来るというメリットもあります。特に主婦層の場合はパート等に出かけて稼ぐ方も多いですが、家で行う事が出来る仕事は時間的なメリットも大きく、子育てもあり家を離れる事が出来ない方には向いてますし、女性の場合は外で働くには化粧を行なったり、職場に通うまでの時間、職場の付き合いでお茶をする等で結構な負担があるものです。

パート等で出れたとしても1日に大体3時間程度働くという感じになり、化粧の時間やコスト、通勤時間等を考慮すれば効率が悪い場合が殆どです。特に化粧は塗るだけでは無く落とす作業も必要ですし、女性の場合は生涯で化粧する機会を少なくした方が地肌が若々しく保つ事が出来ますし、美容面で見ても効率が良く無い短時間パートですが、家で行う事が出来る仕事の場合はライブチャット等を除けば化粧の必要も無く、負担も少ないと言えます。

パートにかける時間分を家で働いた方がお金にもなって負担も小さくなりますし、隙間時間に自由にマイペースで行える仕事も多いですから、在宅で行う事が出来る仕事の中から相性の合うものを選択するのも良いです。僅かな隙間時間でもお金に変える事が出来る仕事もありますし、スマホ片手に何時でも稼げるようなポイントサイトを使ったり、子供の世話や家事洗濯が終われば少し文章入力の仕事をしたりと、様々な選択肢があります。もちろん外出して働く事には気分転換や人との接触等のメリットもありますが、その辺りは自身にとって何が必要なのかを考えてメリットの大きい方法で働く事が望ましく、時間や労力負担を小さくしながら拘束されずに働くならば、家でできる仕事は選択肢として有りです。

アンケートに解答するだけでお金が貰える

個人情報と言えば大げさですが、そういう物を提供するだけでお金になる家でできる仕事があります。アンケートに答えるというのが、それなのですが皆さんも一度くらいは耳にした経験があるかと思います。そんなのでお金になる訳が無いという事はありません。物を効率よく売る為に企業は必死になって情報を収集しようとしているからです。

しかし、当然ながらその様なアンケートに無料で答える人というのは限られます。殆どいないと言っても間違いではないでしょう。そうなるとメーカーサイドは情報不足で戦略を立てる事が出来なくなってしまいます。そこで多少のお金を出してでもアンケートに答える人達を集めたいと考える訳です。

内容的には割と細かい事を書かなければいけない事が多いです。お金が貰える訳ですから、やっぱりそれなりに面倒な面もあります。ただ、それによって幾らかの報酬が得られるのですから、得の方がずっと大きいかも知れませんね。

本音を言えば家でできる仕事だけで人並みの給料をもらいたい所かと思うのですが、さすがにこれだけでは難しいです。あくまでお小遣いというレベルですが、全くの無収入に比べれば遥かに条件は良いので、時間的に余裕のある人ならば試してみても良いでしょう。

ここで回答した事が、何か悪用されるのではないかと心配している方もいるでしょうが、その可能性は極めて低いと思います。アンケートというのは任意ですから、自分が答えたくないと思った物には無理して答える必要は無いのです。なんとなく怪しいなぁと思えば手を出さないようにしましょう。家でできる仕事は外でする場合と違って気楽な内容のものが多いです。無理する事無くやれそうな物だけやっておけば、それで構わないのです。当然の事として嘘を書いてはいけません。これだけは守るようにしましょう。この様な事をするとアンケートの意味をなさなくなってしまいますからね。本当の事だけを書き入れる様にしてください。

介護しながら家でできる仕事を探しましょう

私は家族を在宅介護しています。つとめていた仕事も辞めました。社会問題となっている介護離職というやつです。政府は「介護離職ゼロ」を掲げていますが、そう簡単には進まないでしょう。介護離職をしたからといって、まったく働かないわけにもいきません。生きていくには、食べるためには、収入が必要です。何か仕事を探さなければなりません。かといって、外へ働きに出るわけにはいきませんので、家でできる仕事を探すことが必要となってきます。

家でできる仕事って、どんなものがあるだろうかと、考えてみました。そういえば私の祖母も母も、外に勤めに出たことはありませんでした。しかし働いていなかったわけではなく、祖母は、洋裁も和裁もできるひとでしたから、その腕を活かしていろいろなものをこしらえる仕事を請け負っていました。また、母は自宅で子ども達にピアノを教えていました。裁縫もピアノも、それで稼ごうと思ったら技術がいることです。私にはなんの技術も資格もありません。では、技術も資格もいらなくて、家でできる仕事といったら何でしょうか。まず思い浮かぶのが内職です。昔から封筒貼りなどの内職がありました。が、ああいった内職で稼ぐのはなかなか難しい上に、今では仕事の数そのものも減っているという噂です。

昔ながらの内職よりも、もっと現代的な仕事はないかと探してみました。現代では、やはりインターネットを利用したビジネスが多く存在し、インターネット上でのみで仕事の相談や取引をする、いってみれば「インターネットを利用した内職」というのもあるようです。カタカナではクラウドソーシングと呼ばれています。

たとえば、「仕事をしてくれる人を募集しています!」と書かれた掲示板のようなものがあります。もちろん契約内容については細かく記されています。それを見た人が応募し、契約が成立すると、あとのやりとりはメールやチャットで全てをすませますし、納品も、メール添付やクラウドサービスを使って行います。在宅介護は大変ですが、生きていくにはお金が必要なので、こうやって家でできる仕事を探し、頑張りたいと思います。

空いた時間に金儲け!副業で稼ぐ方法とは?

報酬をより多くしようと考えた場合、会社内で集中力を高めたり残業を長くするなど、そのあたりで努力するよりも、自宅に帰ってから家でできる仕事をした方が断然に違いを出すことが可能なはずです。会社の仕事を疎かにするという意味ではないですが、昇級アップなどはある程度の範囲に限られているし、長期的なビジョンになる事からすぐに収入を高めていきたい方法としてはあまり向いていません。そんな事から、空いている時間を利用して家でできる仕事をやっていくという方法が好まれています。この方法については、多種多様にあるため自分の出来る範囲がどのあたりなのかによって作業が全く変わってきます。

スマホでも収入を得ることが出来る方法があったりするなど、簡単にお小遣いを稼ぐ範囲で考えるか、より多くの収入を得る事を考えるかによってスキルアップに必要な範囲も変わってくるのです。より妥当な仕事として内職関連の仕事をすることも可能です。小物類を箱やビニール袋などにパッケージングしていく作業であり、これらにシールを貼ったり、飾りを取り付けたりして販売できる状態に作り上げるのです。細かな作業が好きな人は、このような内職系の仕事を家でできる仕事として毎日のようにやっているのです。集中力を維持しないと作業スピードが落ちてしまうのですが、熟練者になるとテレビを見ながらかなりのスピードで作業をこなしていくことが可能になるのです。

このような作業をする関連の仕事をするか、もしくはパソコンでデータを入力するような作業などがあるので、自分の作業スタイルに合った方法を選択していくことが有効になるのです。家でできる仕事を毎日のようにやり、メインの仕事に相当する報酬を上げている人がいます。その様な人の情報がネットで話題になると、副業がどれだけ大事であるか分かってきます。
片手間にやる作業なのに、これだけ多くの報酬が得られるのであれば、やってみたいと思う人がどんどん増えていくのです。

クレジットカード現金化も結局は使い方次第

形式的に何かを購入する事になるのがクレジットカード現金化ですが、買うべき物も様々な物に増えて来ているみたいですね。明らかに価値が無いと分かるものを買わせてしまうと、現金化を目的としている事がカード会社側に把握されやすくなります。ですので、それを防ぐ手段として別の物を買うというパターンが増えて来ているのです。

アマゾンギフトカードを買わせる事によって、巧妙にクレジットカード現金化を行う事もある様です。そうなると、法的な規制をしてもあまり意味が無いのかもしれません。完璧な法律というのは存在していない訳で、必ずと言っていいほど穴が開いているものなのです。ただ、だからと行って放置しておけばカード会社の損が拡大しかねないので、なんらかの対策を講じる必要があるでしょう。

さて、利用をする立場ならば業者を慎重に選択しなければなりません。どこも一緒だと思ったら大間違いで、それぞれに違いがあるものなのです。詐欺まがいの悪質な行為をしている業者もあるので、それに引っかからない様にしなくてはいけないのです。ただし、それを表面的な部分だけで判断するのは非常に難しいものです。人の見た目ほどあてにならないものはないからです。

こんな時に役立ちそうなのがネットの口コミです。これを見て多分大丈夫そうだと思った所だけ利用する様にすれば良いでしょう。もちろんそれでも絶対安心だと言い切れる訳ではありません。しかし、それはどの業者であっても同様では無いでしょうか。自分で実際に利用して、初めて理解できる事があると思うのです。

賛否両論、様々な意見が存在しているクレジットカード現金化ではありますけど、活用の仕方次第では役に立つはずです。何でもそうですが、要は本人の使い方が大切になるのです。包丁だって悪い事に使おうとする人もいます。
多少のリスクは仕方が無いと受け入れた上で、いかに活用するかの方に意識を向けるべきではないでしょうか。

クレジットカード現金化の利用者が被る可能性のある3つのリスク

クレジットカード現金化は今のところ違法ではありませんが、グレーゾーンにある事は間違いありません。しかし違法ではないからといってもクレジットカード現金化の利用者が被る可能性のあるリスクは多々あります。

その中でも3つの主なリスクをご紹介します。

1.間違いなくグレーゾーンという事です。

将来的に違法になる可能性があるという事です。直接取り締まる法律はありませんが貸金業法や出資法を援用したクレジットカード現金化の業者が摘発を受けた事を考えると違法の方に向かっているといってもいいかもしれません。そうなれば、利用者については可能性は薄いとは考えられますが、違法になってしまう事があるかもしれません。

2.クレジットカード現金化が確実にクレジットカードの利用規約に違反している事です。

クレジットカード利用者はクレジットカードの利用規約に同意してクレジットカードを利用していますから、もし利用規約に反している事がクレジットカード会社に知られれば、クレジットカードの強制解約、利用額の全額一括返済の請求が来る事になります。
全額一括返済できるくらいなら利用しないでしょうから、これはかなり厳しい処置です。そして、これ以降のクレジットカードを作る事ができなくなくなる可能性が非常に高くなります。バレなければいいという考え方もありますが、クレジットカード会社を含めた金融機関の情報共有の流れが進んでいますから、バレやすくなっている事も確かです。

3.クレジットカードを現金化した利用者は自己破産が出来なくなる可能性があります。

自己破産ができるかどうかは裁判所の判断ですので、すべての場合に自己破産ができなくなると言う事はありませんが、悪質な行為と裁判所が認めた場合には自己破産は認められません。債務者の最後の手段である自己破産ができないとなるとかなり厳しい立場になってしまうかもしれません。

サラリーマンの副業におすすめなものとは

サラリーマンにとって一番嬉しいのは本業のお給料が上がることですが、不景気な昨今では労働時間ばかりが増えて収入はなかなか増えません。
それに気がついたサラリーマンは早々に副業を始めています。当然本業の仕事をしつつ、空いている時間にしなければなりませんので、サラリーマンの副業はやれることが限られています。

一昔前は終業後に別のところにアルバイトに行っているかたが多かったようですが、昨今のサラリーマンの副業はインターネットを通したパソコンを使ったものが主流です。

たとえネットオークション。出品さえしておけば後は落札を待つだけなので時間はあまり取られません。安値で仕入れたものを高額で売る仕組みがわかれば、コツコツと稼いで行くことができるでしょう。
最初は身の回りの不用品を売りに出して、だんだんとオークションに慣れていけばいいかもしれません。

次にクラウドソーシングでの在宅ワークです。登録無料で未経験者でもできる仕事がたくさんありますので、サラリーマンの副業のために登録をしているかたも少なくありません。
ネット環境さえ整っていれば自宅以外にも通勤時間や休憩時間に副業をすることができます。アンケートやデータ入力など、複数の仕事がサイトで紹介されているので、できる範囲のものを見つけやすいでしょう。

また、空き時間を有効活用できるという点では主婦にも人気なポスティングも副業としては最適です。
出来高制で空いている好きな時間にチラシを投函すればいいので、気分転換のお散歩のときにでもついでにお小遣い稼ぎをしてみてはいかがでしょう。

副業でも確実に高収入を得たいというのであれば、なかなか難しいものになります。それに稼ぎが大きくなればきちんと確定申告も行わなければなりません。
怠ってしまっては会社側に副業がバレてしまう危険性もありますので注意しましょう。何も始めなければ副業収入はゼロです。できそうな範囲から始めてみて、少しずつ稼ぎを増やしていってみてください。

小さい子供が居ても安心して家でできる仕事

子供が生まれる前までは、バリバリ外で働いてキャリアウーマンをしていましたが、子供が生まれてからは専業主婦になりました。
責任もなくのんびり家に居ることが出来るのですが、ずっと働いてきたせいか何となく手持ち無沙汰な気がしていました。

子供が歩き出したら目が離せなくなりますが、新生児のうちはミルクを飲んだらほとんど寝ているだけなので、こちらも未だ自由が利きます。
そこで家でできる仕事は何かないか、あれこれ調べてみました。

一昔前だと、家でできる仕事と言ったら内職がありました。ちまちました作業は好きなので、そういう方向で探してみてもいいかなと思ったのですが、単価を調べてビックリしました。
相当安い単価でしたので、暇つぶしくらいの感覚で捉えていたら良いけど、これで生活費の足しにすることは難しいなと思い少し考えることにしました。

次に目をつけたのが、家にいながらして出来る添削先生の仕事です。大手の進学塾に登録して、毎月決まった数の答案用紙を受け取り、一枚一枚チェックチェックしながら添削をしていくという訳です。
子供たちの教育に関われる仕事ですし、自分の精神衛生上にも凄く感じがしたので、かなり興味がわきました。

実際に中のよい友達がこの仕事をしているのですが、毎月の納期はもちろん決まっていますが、自分の時間がある時にまとめて添削の仕事が出来るので、例えば子供が寝た後やちょっとした空き時間に出来るのでとても良いよとのことでした。

その他にも、パソコンを使って口コミを書く仕事や、ライターのような仕事もあることが分かりました。元々文章を書くことがとても好きなので、その仕事も少し興味がわきました。
文章を書きながら色々なことを調べたり、どうやったら他の人に読んでもらえる、また人を惹きつける文章が書けるかも学べるので、この仕事もまた魅力的だなと思いました。

こうやって探していくと、家でできる仕事は以外に多いことが気付きました。
必ずしもどこかの会社に所属しなければいけないということはないので、自分にあった家でできる仕事を探して、賢く家計を助けていきたいと思いました。

ブログを書いて収入を得る!在宅ワークでお金儲けしよう!!

ブログを書いて収入を得る!在宅ワークでお金儲けしよう!!

1.自宅でお金儲け出来れば良いのに

さまざまな事情で、家から離れらない人もいるではないでしょうか。子供が小さかったり、病気を持っていると外で働くのが難しくなってくるのです。
そのような人にとって、家でできる仕事があればよいと思うのではないでしょうか。家にいてもやはり隙間の時間や空いた時間ができるものです。

そのような時間を有効に使って、何かできることがないか探している人も少なくないでしょう。自宅で好きな時にできる仕事ってあるのでしょうか。

2.ブログを使ったお金儲け

実際に家でできる仕事として、ネットを使えばいろいろ出てくるのです。たとえば文章を書くのが好きであれば、ブログを作ってどんどん更新します。
アクセスが増えれば広告収入が期待できます。少しも収入を得たい人はとても良い仕事になります。なかには、カリスマ的な文章を書き、多くの人に読まれる主婦ブロガーもいます。

好きなことを書きながらお金を得られたら嬉しいですね。もちろん家でできる仕事ですから、気になる人は取り組むとよいでしょう。

3.チャットを使った在宅ワーク

また家でできる仕事として昔からあるのが内職の仕事でしょう。さまざまな種類の内職がありますが、商品の受注を自分ですることが多いので、自家用車が必要なケースがあります。
また、空いている部屋を確保しなくてなならない場合もあります。小さいお子さんがいるときは、管理に気を付けなくてはなりませんね。

さらにチャットやメールレディという仕事も、家でできる仕事として有名です。女性の領域と思われがちですが、最近はチャットボーイなる仕事もあるのです。
売れっ子チャットボーイになると、本業以上の稼ぎになることだってあるのです。話好きな男性には向いているかもしれないですね。

最後に

このように、自宅でできる仕事は実際にあるのです。家で稼いで本業並みの収入を得ている人たちも存在しています。
向き不向きややる気次第では、効果的に稼ぐこともできるのです。気になったものからチャレンジしてはいかがですか。

思った以上の業績がでるかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ